『手作りの器とおいしい生活』

陶芸家に嫁いで数年、心の豊かさとは何なのか、日々学ばせてもらいながら、二人の子供を育てている普通の主婦の子育て奮闘記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「我が子にどこまで勉強させる?」

朝日新聞のbe on saturdatyという別紙に載っていた記事で、
なるほどなと思ったものがあったので載せてみました。


Q、41歳、小学生と幼稚園児、男子4人の母親です。
 
 悩み事は子どもにどこまで勉強させるかです。専業主婦で世間が狭く、
ママ友とテレビと育児雑誌が子育ての基準になっています。
松田道雄先生の「育児の百科」のファンです。
 
 子どもたちには人生を楽しく、好きなことを見つけて自立して生きていって欲しいと考えています。
そのために勉強(学歴)が必要なら、協力する気持ちもあります。
ただ、子どもが幸せに生きていくのに勉強(学歴)が必要でない場合も、
成績表を気にせずにしたいようにさせておく勇気がありません。

 テレビの芸人さんを見ていると、面白いと思える方は皆さん「勉強をしなかった」とおっしゃいます。
逆にイマイチと思える方は高学歴だったりします。

 面白い大人になるために中途半端な学歴が邪魔になるなら勉強させないほうがいいのかと思ってしまいます。
子どもが芸人になるとはかぎらないのですが。

 よい成績でいるというのはい一種の保険なのですが、
中途半端な勉強(我が子らは優秀ではないので高学歴は無理)が何かを失わせるとしたら・・・
と考えるとどうしたらいいのかわからなくなります。
今の日本で学歴なくして生きていくのは大変なことのように思えるので保険を求めるのですが、
このモヤモヤをどうやって払ったらいいのか、どうぞ教えてください。 



A、現在のように不安定な時代には「〇さえすれば」という成功戦略はありません。
「こうすれば勝てる」がないので、「こうすれば負けない」という不敗戦略をとりましょう。

 不敗戦略とは「やってはいけないこと」をさける戦略です。
では今、一番やってはいけないことはなにか?

 「自分の好きなこと、やりたいことを、職業として目指す」ことです。

 現在は超情報化社会です。あなたの子どもが「この職業になりたい」と考えている場合、
同じ情報源から同じ欲望を持つようになった子どもたちが、必ず数十万人はいます。
そういった「あこがれ系」の職業にはすぐに、大学に学部ができ、専門学校の新コースが設立されます。
お笑い芸人や声優や動物園の飼育員など、あたかも「頑張れば、なれる」ようにみせかけています。
でも、求人数より希望者数が多いのだから、卒業しても希望通りの就職は出来ません。

 なので、子どもに「好きなこと」を見つけさせてもムダです。
「好きな仕事をしなさい。お母さん、応援するから」とは言ってはいけない。

 逆です。子どもには「人の役に立つ」ことを教えるしかない。
今の時代に親が子どもに保険として与えるべきは、
「他人の役に立てて、感謝されるのは楽しい」という成功体験なのです。

 とりあえず、いまから家のお手伝いをさせましょう。

 たとえば、犬を飼う。暑くても寒くても、飽きても忙しくても、責任をもって散歩に行かせる。
胆力が要りますが、散歩に行かないならご飯を食べさせないくらいの覚悟で、
責任を全うさせて下さい。

 あるいは、あなたがパートに出て、子どもたちに晩ご飯の当番をさせて下さい。
まずければ不満が出るかわりに、おいしく作れば感謝されます。

 そうじや洗濯も分担させましょう。
自分でする方がずっと楽だと思われるでしょうが、
これが「保険」です。

 どんな環境でも、人の役に立つように振る舞える。
これが自然にできると、とりあえず自立して生きていけます。
好きなことでプロになれなくても、ちゃっかり好きなことだけはしているはずです。

子どもたちにお手伝いをさせて、あなたはパートに出る。
空いた時間やお金で、あなたが「好きなこと」をしてください。
 
 「人生を楽しく、好きなことを見つけて自立して」生きるべきは、まずあなた。

 大丈夫、子どもたちはあなたの背を見て学びますから。       回答者 評論家 岡田斗司夫



長い文章になってしまいましたが、とっても大事なことだと思ったので、覚えておきたくてUPしました。


「どんな環境でも、人の役に立つように振舞える」 


あたりまえのようで難しい事ですね。
人生の保険という考え方はあまり好きではないのですが、子どもたちにはしっかり伝えて行きたいです。


「子どもたちはあなたの背を見て学びますから」


まず、私が「どんな環境でも、人の役に立つように振舞える」よう頑張ろうと思います






応援していただけたら嬉しいです
子育てブログ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


 

 
スポンサーサイト

Comment

 

はじめまして。
私も、最近、わが子達を どう育てれば、大人になった時、自立出来るか、考えてました。
家は二人 いるのですが、両方共、学力、体力ありません。
お手伝いですね。
お手伝いは 大きな 保険になりますよね。

私も、子供の頃は、お手伝いして来ました。
それが、今、主婦になり、かなり役にたっています。
子供がやると、時間がかかり、忍耐が要りますが、なるべくさせる様にしたいと思います。
  • posted by cael 
  • URL 
  • 2012.07/30 15:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: caelさん 

コメント、ありがとうございます(*^^*)

“お手伝い”本当に大切ですよね。
私はあまりお手伝いをしてこなかったので、大人になってから苦労しました(--;

4歳になったばかりの息子は、今なんでもやりたい時期らしく、なにをしていても「僕がやる!!」と来てくれます。
親のほうは本当に忍耐がいりますが、今の息子の気持ち、大切にしてあげたいです。

  • posted by くう。 
  • URL 
  • 2012.07/31 06:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

右サイドメニュー

プロフィール

くう。

Author:くう。
滋賀県信楽町在住

主人と6歳の長男、3歳の長女の4人家族・・・
ですが、おんなじ敷地内に主人の実家があるので、合計6人家族のようなものですね(^^)♪


実家のギャラリーにはすてきな鍋や器がいっぱい!
手作りの器で食べる食事はホントに美味しいです!!

大自然の中で、手作りのモノに囲まれてすごすのは、本当に
”おいしい生活”だと思うのです。

ドウゾヨロシクオネガイシマス(^^/

「なか工房」オンラインショップ

「なか工房」がオンラインショップをはじめました♪

お気軽にクリックしてみてくださいヾ(=^▽^=)ノ HPもあります♪ http://plaza.rakuten.co.jp/nakakoubou/

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。